コピー禁止

広島花幻忌の会

当会は、原民喜の文学を愛する人々の集いです。会からのお知らせを随時更新します。

2017年 原民喜生誕祭 ご報告

去る11月12日(日)、原民喜誕生日(11月15日)を記念して原民喜生誕祭を
平和記念資料館地下会議室にて行いました。
今回は広島花幻忌の会自主制作DVD「原民喜と辿るー想い出の廣島
続編(円光寺〜明治橋舟入八幡村)の初披露です。
映像や原時彦さんのお話とともに、民喜の足取りを追体験しました。
好天にも恵まれ、約40人の方々に足をお運び頂き、賑やかな会となりました。
厚く御礼申し上げます。

献花・黙祷

その後、恒例の作品朗読を。中学生の中原調さんは、「家なき子のクリスマス」
「魔のひととき」の朗読。
専門学校で表現を学ぶ学生さんらは「原爆被災時のノート」「鎮魂歌」
「永遠のみどり」他を豊かな表現力で。



大谷志津子さんによる栗原貞子の「ヒロシマというとき」朗読

その後、DVDを映写。映像は原民喜の眠る寺「円光寺」から出発。
東照宮から彼が馬車で辿った道を経由し、八幡村までを原時彦のお話を交えながら
辿っています。
「廃墟から」「永遠のみどり」などに登場する「舟入川口町の姉の家」
では民喜の姉のご遺族の談話や珍しい遺品などもあり、皆さん食い入るように
見入っておられました。資料でも舟入・江波・天満周辺の記述に着目。
民喜作品は、被爆直後の広島市の記録としても貴重なものだと実感しました。

映写の後は、民喜の甥・著作権継承者である原時彦さんのお話。
民喜と過ごした八幡村でのこと、戦中戦後の市民の暮らし、また原爆後遺症に悩まされた
兄・邦彦さんのことなど、作品抜粋を交えながら語って頂きました。

「戦後の窮乏が私たちの想像を絶するものだったことを知り、驚いた。
特に被爆者にとっては、後遺症の出てくる被爆後が苦しみの始まりなのだと実感した。
核の恐ろしさを再認識させられる。」という若い方の感想が心に響きました。