コピー禁止
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島花幻忌の会

当会は、原民喜の文学を愛する人々の集いです。会からのお知らせを随時更新します。

民喜作品紹介ー誕生日ー

f:id:hananomaboroshi:20170116170245j:image

 

誕生日 原民喜

 雄二の誕生日が近づいて来ました。学校では、

恰度その日、遠足があることになつてゐました。

いい、お天気だといいがな、と雄二は一週間も前

から、その日のことが心配でした。といふのが、

この頃、毎日あんまりいいお天気ばかりつづいて

ゐたからです。このまま、ずつとお天気がつづく

かしら、と思つて雄二は、校庭の隅のポプラの樹の

方を眺めました。青い空に黄金色の葉はくつきりと

浮いてゐて、そのポプラの枝の隙間には、澄みき

つたものがあります。その隙間からは、遠い遥かな

ところまで見えて来さうな気がするのでした。

f:id:hananomaboroshi:20170123001454j:image
 雄二は自分が産れた日は、どんなお天気だつたの

かしら、としきりに考へてみました。やつぱり、その

頃、庭には楓の樹が紅らんでゐて、屋根の上では雀が

チチチと啼いてゐたのかしら、さうすると、雀はその

時、雄二が産れたことをちやんと知つてゐてくれたやう

な気がします。
 雄二は誕生日の前の日に、床屋に行きました。鏡の前

には、鉢植の白菊の花が置いてありました。それを見る

と、雄二はハツとしました。何か遠い澄みわたつたもの

が見えてくるやうでした。

f:id:hananomaboroshi:20170123001326j:image
「いい、お天気がつづきますね」
「明日もきつと、お天気でせう」
 大人たちが、そんなことを話合つてゐました。

雄二はみんなが、明日のお天気を祈つてゐてくれる

やうにおもへたのです。
 いよいよ、遠足の日がやつて来ました。眼がさめる

と、いい、お天気の朝でした。姉さんは誕生のお祝ひ

に、紙に包んだ小さなものを雄二に呉れました。あけ

てみると、チリンチリンといい響のする、小さな鈴で

した。雄二はそれを服のポケツトに入れたまま、学校

の遠足に出かけて行きました。
 小さな鈴は歩くたびに、雄二のポケツトのなかで、

静かな響をたててゐました。遠足の列は街を通り抜け、

白い田舎道を歩いて行きました。綺麗な小川や山が見え

て来ました。そして、どこまで行つても、青い美しい空

がつづいてゐました。

f:id:hananomaboroshi:20170123001302j:image


「ほんとに、けふはいい、お天気だなあ」
と、先生も感心したやうに空を見上げて云ひました。

雄二たちも川のほとりで弁当を食べました。雄二が腰を

下した切株の側に、ふと一枚の紅葉の葉が空から舞つて

降りてきました。雄二はそれを拾ひとると、ポケツトに

収めておきました。

f:id:hananomaboroshi:20170122082011j:image

 

 遠足がをはつて、みんなと別れて、ひとり家の方へ戻つて

来ると、ポケツトのなかの鈴が急にはつきり聞えるのでした。

雄二はその晩、日記帳の間へ、遠足で拾つた美しい紅葉の葉

をそつと挿んでおきました。

 

※ 初出 「近代文学」(昭和28年6月号)

   本文は 定本原民喜全集 II (1978年 青土社) によります。