コピー禁止

広島花幻忌の会

当会は、原民喜の文学を愛する人々の集いです。会からのお知らせを随時更新します。

2017年 原民喜生誕祭 ご報告

去る11月12日(日)、原民喜誕生日(11月15日)を記念して原民喜生誕祭を
平和記念資料館地下会議室にて行いました。
今回は広島花幻忌の会自主制作DVD「原民喜と辿るー想い出の廣島
続編(円光寺〜明治橋舟入八幡村)の初披露です。
映像や原時彦さんのお話とともに、民喜の足取りを追体験しました。
好天にも恵まれ、約40人の方々に足をお運び頂き、賑やかな会となりました。
厚く御礼申し上げます。

献花・黙祷

その後、恒例の作品朗読を。中学生の中原調さんは、「家なき子のクリスマス」
「魔のひととき」の朗読。
専門学校で表現を学ぶ学生さんらは「原爆被災時のノート」「鎮魂歌」
「永遠のみどり」他を豊かな表現力で。



大谷志津子さんによる栗原貞子の「ヒロシマというとき」朗読

その後、DVDを映写。映像は原民喜の眠る寺「円光寺」から出発。
東照宮から彼が馬車で辿った道を経由し、八幡村までを原時彦のお話を交えながら
辿っています。
「廃墟から」「永遠のみどり」などに登場する「舟入川口町の姉の家」
では民喜の姉のご遺族の談話や珍しい遺品などもあり、皆さん食い入るように
見入っておられました。資料でも舟入・江波・天満周辺の記述に着目。
民喜作品は、被爆直後の広島市の記録としても貴重なものだと実感しました。

映写の後は、民喜の甥・著作権継承者である原時彦さんのお話。
民喜と過ごした八幡村でのこと、戦中戦後の市民の暮らし、また原爆後遺症に悩まされた
兄・邦彦さんのことなど、作品抜粋を交えながら語って頂きました。

「戦後の窮乏が私たちの想像を絶するものだったことを知り、驚いた。
特に被爆者にとっては、後遺症の出てくる被爆後が苦しみの始まりなのだと実感した。
核の恐ろしさを再認識させられる。」という若い方の感想が心に響きました。

11・12 原民喜生誕祭 で公開のDVDのご紹介

来たる11月12日の原民喜生誕祭では、広島花幻忌の会 自主制作DVDの
後編(円光寺〜明治橋付近〜舟入〜八幡) を初披露致します。
今年3月の碑前祭に公開した前編に続く、証言記録のための取り組み続編です。
今年5月18日付中国新聞でロケの様子が掲載されております。
今まで知られていなかった遺品なども収録し、充実した内容です。
お誘い合わせの上 皆さま是非お越しください。

デジタル近状通信ー2017年原民喜生誕祭のご案内

秋も深まって参りました。皆さまお健やかにお過ごしでしょうか。
11月15日は原民喜の誕生日。広島花幻忌の会では下記の要領で
恒例の生誕祭を行います。
今回は、3月の碑前祭で上映しました自主制作DVD「原民喜と辿るー想い出の廣島ー」
後編の初披露です。民喜の眠る「円光寺」から出発。彼が原爆投下後に過ごした佐伯区
八幡までの経路を、甥の原時彦さんと共に辿ります。
会場では、原時彦さんに当時の想い出やエピソードなどをお話し頂きます。
皆さまお誘い合せの上、是非ご参加ください。(予約不要、入場無料です。)

日時 2017年 11月12日(日) 午後1時半〜4時頃まで
ところ 平和記念資料館 地下小会議室
プログラム
1) 作品朗読 若干名 (飛び入り歓迎です)
2) 広島花幻忌の会 自主制作DVD
原民喜と辿るー想い出の廣島」(円光寺〜明治橋付近〜舟入川口町〜八幡)
3) 原時彦さん(原民喜の甥・著作権継承者・当会顧問)のお話
4) 事務局からのお知らせ (事務局長 長津功三良 )


🌸システム不具合のため、長くブログを更新できませんでした。
夏の諸行事のお知らせ及びご報告ができませんでしたことを
お詫び申し上げます。

原民喜 詩作品紹介 ② ー 青葉 ー

]

青葉

朝露はいま
滴り落ちてくる
いたづらに樹を眺めたとて
空の青葉は深々としてゐる

原民喜 詩作品紹介 ① ー 花見 ー

花見

桜の花のすきまに
青空を見る
すると ひんやりしてゐるのだ
花がこの世のものとは思はれない

2017年 春の碑前祭 ご報告


去る3月12日(日)、中区平和記念資料館地下会議室にて、春の碑前祭を
行いました。春らしい穏やかな日差しにも恵まれ、50名を超える方々に足を
お運び頂きました。ありがとうございました。
民喜の甥であり、当会顧問の原時彦さんが、DVDを交えながら民喜作品に
因む戦前戦後の広島のお話をされ、一同興味深く聞き入りました。
戦前から被爆時・被爆後までを網羅したお話は、民喜作品への理解がより
深まる充実した内容。時彦さんご自身の経験も語って頂き、ヒロシマの証言
としても価値あるものでした。







会員の高齢化などのため、詩碑から会場内に場所を移して遺影に献花を。



朗読のコーナーでは、4組の方々の朗読が行われました。
民喜生誕地近くの専門学校で学ぶ学生さんたちは「鎮魂歌」他を情感豊かに
朗読。
名古屋の劇団員、中村透子さんによる童話や詩の朗読もありました。



ポーランドから日本に来て20年以上民喜文学を研究しているウルシュラ・スティ
チェックさんは、民喜文学の翻訳に関するショートスピーチを。


声楽家杉浦由美子さんによる「永遠のみどり」(尾上和彦さん作曲)
の独唱には、一同うっとり。参加者への歌唱指導もありました。







この模様は翌日(3月13日)の新聞三紙(中国、毎日、読売)でも報道されました。
13日は民喜命日。天国へのご報告のようでした。

デジタル近状通信2017年3月ー碑前祭を紹介ー

3月9日付中国新聞朝刊で、12日(日)開催予定の碑前祭の内容が
紹介されました。
予約・参加費不要で、どなたでもお気軽にご参加頂けます。

皆さまお誘い合わせの上、どうぞお越しください!